大学案内

学生の海外研修

   新潟県立看護大学では、2014年から海外における看護の実際を学ぶことを目的に海外研修プログラムを実施しています。研修期間は2週間で、研修への参加により国際看護演習(1単位)が認定されます。
   百聞は一見に如かず。現地で出会う人々や学びは今後の生き方や看護に対する考えに大きな影響をあたえることでしょう。
    ※研修先は年度毎に異なります。

ベトナム看護研修

   医療施設を訪問し、日本の法・制度との違いやそれぞれの看護の特色を学びます。本研修の特徴的な取り組みとして、提携先病院等が実施している、ハンセン病の早期発見活動「ハンセン病予防ネットワーク」病等についても学ぶことができます。
   ※今後の研修実施は未定です。

   過去の研修報告については下記をご確認ください。
  ⇒2016年度

ニュージーランド看護研修

  医療・福祉現場に触れ、日本の法・制度との違いやそれぞれの国の看護の特色を学びます。
  本研修の特徴的な取り組みとして、現地語学クラスへの参加や全日に渡るホームステイがあります。それらの経験を通して、文化や習慣、考え方の違いを実地で学ぶことが出来ます。
    ※2019年度に実施予定です。
 
  過去の研修報告については下記をご確認ください。
  ⇒2017年度

大学案内

このページのTOPへ
 
このページのTOPへ